記事の詳細

残暑が厳しいですね。
 
ゆく夏を惜しむか、来る秋を待ち焦がれるか。
 
今日は夏の入道雲に似合う、オレンジの鮮やかな花を紹介しましょう。
ノウゼンカツラといい、ツル性なので、太陽に向かってどんどん伸びていきます。
 
関西の人なら、愛染さんのシンボルの花としてご存知ではないでしょうか。

 
大阪谷町にある勝鬘院の愛染堂に、6月30日から7月2日にかけて行われる愛染さんという祭りがあります。
浴衣姿の愛染娘が宝恵駕籠にのって、谷町筋を練り歩く、艶っぽい祭りです。
 
かつては芸者の綺麗どころが駕籠にのったそうですが、今はコンテストで選ばれた女性たちだとか。
 
境内には、樹齢数百年はあるカツラの巨木があり、この木にノウゼンカツラが巻きついて・・・。

 
愛染かつらという映画の舞台になったのだそうです。
古い話ですが、祖母によく聞かされていましたね。映画とその主題歌、旅の夜風でしたっけ。
花も嵐も踏み越えて♪♪  歌はよく覚えています。
 
愛染堂は今も、恋愛成就の縁結びのお寺なのだそうです。
f:id:shintabi:20120826151258j:image

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る