記事の詳細

f:id:shintabi:20140217164657j:image

「うちは比叡おろしですねん
あんさんの胸を雪にしてしまいますえ」

1970年前後だったか、六文銭というフォークグループが唄った、
「比叡おろし」という歌である。

リフレインこの二行が印象的で、冬、比叡山というとこのフレーズを思い出す。
比叡おろしとは京都と滋賀にまたがってそびえる比叡山から吹き下ろす北風のことだ。
その比叡おろしが吹く寒い日に、のこのこと京都、妙満寺に行って来た。
地下鉄「国際会館」駅から徒歩で向かう。
閑静な住宅街の中、車も人影もまばらな道を20分。
寒い。ただでさえ寒いのに、比叡山が間近に見えるので寒さが倍加する。

f:id:shintabi:20140217164656j:image

寺門をくぐると作務衣の坊さんがしゃがみこんでなにやら作業をしていた。
他に人影はない。
観光客の姿が見えないのは、
あんさんの胸を雪にしてしまう恐ろしい女を恐れてのことか。

f:id:shintabi:20140217164652j:image

境内に入ってすぐに目につくのが左手に立つ異様な塔。
いきなりインドである。
仏舎利大塔といい、インドのブッダガヤ大塔に倣い1973年に建てたものだそうな。
ブッダガヤとはインドの地名で、釈迦が悟りを開いた地だ。
そのブッダガヤにある大菩提寺(マハーボーディー寺)の本堂である大塔こそが、
全世界仏教徒にとって最高の聖地なのだ。

f:id:shintabi:20140217164651j:image
●左が本物、右が偽物…いや、妙満寺オリジナル。

最上階には仏舎利(釈迦の遺骨ですな。遺骨!ウソ!?、
そんなもんあるはずないやろ、と思った不埒者は比叡おろしに胸を雪にされます)。
一階には金色の釈迦像が安置されている。

f:id:shintabi:20140217164650j:image

一般参拝客が入れるのはこの一階だけ。
一階と最上階を除いた中間階は全国の檀家と信徒の納骨堂になっている。
本場インドの大塔と違うのは、
四面の外壁に大小486体の仏像が貼り付いている点。
建立三十三周年記念で、全国の末寺、檀信徒の寄進で設置とのこと。
本物に比べ金色の仏像がいささか品を落としているのは否めない。

f:id:shintabi:20140217164655j:image
f:id:shintabi:20140217164653j:image

線香を持ってこの塔の周囲をぐるりと回るとご利益があるそうだが、
私は得体の知れないご利益はいらんのでとりあえずの一回り。
入口の真裏にあたる南面に、
釈迦が悟りを開いたときに座っていた金剛宝座というものがあった。

f:id:shintabi:20140217164649j:image

台座右に、
「お釈迦さまが悟りを開かれた場所です」
と書かれている。
嘘を書いてはいかん。
釈迦が悟りを開いたのはインドドンドンだ。
「お釈迦さまが悟りを開かれた場所です」とあれば、
どこかのオッチョコチョイが、ココで、と信じるではないか。
それとも、あえて誤解をさせて寺の権威付けを狙っているのか。
あるいは言葉のままに信じ込んだどこかのオッチョコチョイが
「釈迦が悟りを開いたのは京都の妙満寺」などと出鱈目を吹聴すれば、
観光客がどっと押し寄せて…なんて策謀があるのか。
境内に立ち入っても我が心、清らかにならずである…。

妙満寺は法華宗の寺である。
妙法蓮華経であり日蓮なのだが、禅宗の寺のような印象を受ける。
大塔を出て足下を見ると、入る時には気付かなかったのだが、
通り道の石畳以外は、小石を敷き詰め波紋を描いた枯山水風、龍安寺の庭のごとく。
すなわち禅宗寺院で多く見受ける庭園様式なので、そんな印象を持ったのだろう。

f:id:shintabi:20140217165033j:image

本堂をほぼ素通り。ってなにも無いのだから仕方ない。

f:id:shintabi:20140217165035j:image

ただ本堂から見下ろす眺めは良い。右手の山が比叡山。

f:id:shintabi:20140217165201j:image

本堂右手に建つ「方丈」に三百円を払って入場。
「本堂内」と「雪見の庭」が見られる。

【本堂内部】

f:id:shintabi:20140217164646j:image

奥に見えるのは雪帽子を被ったよ

関連記事

  1. Kenminさま

    久々の投稿ですね。

    比叡おろし…懐かしいですね。わたしは中学生だったかな? 比叡おろしの意味もわからず、澄んだ歌声に聴き惚れてました。気になるからAppleStoreで買おうかな。

    妙満寺は躑躅の咲く寺と記憶しているくらいで、行ったことないですね。レポートを読んでる限り、何だか京都には似つかわしくない、自由さを感じましたね。堅苦しくないと言うか。

    何でまた、この時期に妙満寺なのか、比叡おろしが先にあったのか、気になりますね。

    登場する若い女性にしてみると、せっかく静かなお寺に来たのにあのiPhoneでパチパチやってるおっちゃん邪魔やわ…なんちゃってね。

    • Kenmin
    • 2014年 2月 18日

    何でまた、この時期に妙満寺なのかは、
    テレビで仏舎利大塔を見て、一度、本物を…いや偽物だけど、
    ま、生を見たいとは思っていたけど、
    昨年夏以来バタバタとしてたもんで、寺社巡りができんくて、
    たまたま、このタイミングということです。
    おかげで比叡おろしイコール妙満寺という刷り込みがされてしまった。

    国際会館辺り迄来ると、京都の果てに来たという感覚があって、
    その上、ローカルな叡電に乗り、比叡おろしに吹かれ、
    観光客のいない境内を歩くうち、
    人里離れた山寺に来たという感覚になる。
    その辺が京都の寺らしくないところかな。

    ともかく人がいない寺は良い。
    iPhoneおっちゃんは気兼ねせず気ままに振るまえるけん。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新しい旅のスタイル研究所について
事業の目的と問合せ先
うまいもん手作り旅
花の旅・花の寺
花の寺・花の旅』商標登録概要
皆さんの旅投稿
facebook
2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る