記事の詳細

ウルシってこんなにも紅く色づくのですね。
塗りの美しさに思いを馳せてしまう見事な紅葉です。

山育ちのわたくしは、子どものころ近所の悪ガキたちが、ウルシにかぶれて真っ赤に腫れて、泣きべそかいていたのを覚えています。
なぜかわたくしだけはかぶれなかった。

その原因がわかりました。ウルシに強いとかではなく、祖母と山に行くと「この木に近寄ってはいけない」と、口を酸っぱくしていわれていたからです。
悪ガキたちはウルシがかぶれることを知らなかっただけなのです。

それが証拠に、わたくしは何度もイチジクのあの白い汁にかぶれ、近所のおばちゃんたちから「今度はどこのイチジク食べたの?」なんてあきれられていました。
あの頃は道端にイチジクの木がたくさんあって、誰も見向きもしなかった。それをいただくのがわたくしの楽しみで、かぶれるなんておかまいなく(知らなかった)、食べ続けていましたからね。ちょっと口もとが痒いかな? くらいの軽さで。おばちゃんたちにはわかっていたのですね。

それがある日、全身にカサブタができて、痛痒さに耐えきれずついに医者に。原因がイチジクと分かり、即、禁止例が祖母から出ました(#^.^#)

大人になってフルーツショップに並ぶイチジクに手が出ないのはこのせいかな?コンポートは大好きなのにp(^_^)q

ですから写真のウルシもちょっと離れて、恐る恐る撮影しました。葉っぱに触るくらいじゃかぶれないのですが。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新しい旅のスタイル研究所について
事業の目的と問合せ先
うまいもん手作り旅
花の旅・花の寺
花の寺・花の旅』商標登録概要
皆さんの旅投稿
facebook
2018年10月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る