記事の詳細

皆さん、フルーツレザーという、保存食を知ってますか?

砂糖などはほとんど使わず、フルーツの甘味や酸味を活かした食べ物です。

私はタスマニアでフルーツレザーづくりを体験してきました。

DSC07623

場所はホバート郊外から車で20分くらいの完成な住宅街にある、ZUZI PALMERさんのお家。大きなお庭に、まるでメルヘンのような素敵なお家です。

ZUZI(シュジィー)さんご夫妻は何度か訪日するほどの日本好きで、居間には浮世絵やこけしが飾られていました。

2016-01-17 12.21.51

フルーツレザーは1976年にアメリカで作られたのが始まりとされるようで、発祥は中東のアプリコットを使ったものだったとか。

シュジィーさんは、庭で採れるフルーツが余った時の保存食として、子どもたちに砂糖や保存料の多いおやつを食べさせたくなかったから、ご近所の奥様と一緒に作り始めたそう。

2016-01-17 10.57.18

「フルーツは種の固いリンゴやナシ、洋ナシ、プラム、ベリーもOKよ。アプリコットやバナナはやわらかすぎるし、ネクタリンは苦味が出る。キウイは黒い種が苦いし・・・でもこうしたフルーツは、ピーチやリンゴなどの甘いフルーツと組み合わせるといいわよ。スイカとメロンだけは繊維質が残るのでNGね」

2016-01-17 11.13.48

話しながら、サクサクとリンゴの皮が・・・。「フルーツは少々傷んで、キズがあっても大丈夫よ」

で、本日は、アップルとベリーを使ってトライ!

2016-01-17 11.22.06-1

①りんごの皮をむき、同じサイズにカットします。5ミリくらいの厚みかな?

②9個のリンゴ1.5キロに水はマックス125CC

DSC07644

③やわらかくなるまで中火から弱火で20分くらい煮込み、煮立ったらレモンを半分くらい絞る。

④冷凍しておいたラズベリーを解凍し、スプーンでつぶしながら入れる。ブレンダーにかけて、ペースト状に。

2016-01-17 11.56.53

DSC07656

2016-01-17 12.01.56

残りかすのラズベリーはジャムやチャツネに使うとか。 どこまでもエコですね。

⑤トレイにスプレーオイルをかけて薄くのばしていきます。トレイは薄い方がベストよ

DSC07661

⑥110~120度に熱したオーブンで4~5時間かけて焼きます。

2016-01-17 12.38.32

⑦型抜きする場合は、2時間くらいのころにオーブンから取り出す。

「自宅で食べるときはざく切りよ」 気さくなシュジィーさんです。

2016-01-17 14.22.07

2016-01-17 12.10.37

焼きあがる間にお庭を案内していただきました。

2016-01-17 12.20.56

いやはや、これまで訪問したお家のいずれも畑があって、フルーツがたわわに実っているんです。

ここでもマルベリーやストロベリー、ブラックベリー、アップル、ナシが・・・。

白いアミはワラビーが食べにくるから・・・ですって。

こんな暮らし、憧れるよなぁ。保存食づくりにも力入るよなぁ・・・
で、パントリーまで見せていただきました。

2016-01-17 13.46.13

スパイスだけでも半端ないです。七味とか、醤油もありましたよ。

2016-01-17 12.53.28

ランチもご用意いただきました。スモークサーモンにトマトに、チーズに・・・。

ワインもね。ごちそうさまでした。

オーブンがないと作れないのが、ちょっと難点ですが、

お土産にいただいたものを野菜サラダに入れたら、美味しかったです。

おやつにもバクバクいただきました。

食べ物をどこまでも慈しみ味わう暮らし・・・。

理想的な暮らしが、ここにありました。

2016-01-17 15.10.41

最後に記念写真です。ありがとうございました。

シュジィーさんのフルーツレザーは、あくまで自宅用です。

別の人が作るものならサラマンカマーケットで手に入れることができますよ。

IMG_1533

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新しい旅のスタイル研究所について
事業の目的と問合せ先
うまいもん手作り旅
花の旅・花の寺
花の寺・花の旅』商標登録概要
皆さんの旅投稿
facebook
2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る