記事の詳細

こ、これは巨大な鈴? それともUFO・・・なんてことはないですが、

実は土鍋です。それもご飯を炊く鍋なんです。

2016-01-20 10.22.37

けっこう深いでしょ。これで3合のご飯が炊けます。

2016-01-20 10.22.46

実は私が作ったんです(通りで変なものとご納得いただけたと思います)。

我が亭主などは「こりゃあ、一体ナニものだ」と不思議がっておりましたから。

昨年12月に「ごはんなべ(かまど名人)作陶教室&ごはんワークショップ」という、信楽のモニターツアーに参加した折に、作ったものなんです。

本来は信楽焼の渋い色合いなのですが、あはは~普通のことができない私は、変なお鍋に仕上がったわけでして。

作陶といっても一からではなくて、予め作られた形に模様を刻んでいくという簡単なもの。

その簡単な模様を描くのも苦手な私は、パッチワークのように花の模様を貼り付けたわけで・・・。

「色は真っ赤か、ゴールド」なんてお願いして、仕上がったものがこの写真のお鍋なんです。

ツアーは、作陶の後、実際にお鍋で炊いたご飯と近江牛の陶板焼きをいただき、窯元を散策するコース。

コーディネートしてくださったのは、信楽焼きの土鍋やうつわを使い、素材を生かした利用を提案されている、フードコーディネーターの田中むつみさんとご主人の田中将之さん。

 

そう、信楽って近江牛なんですよね。陶板の焼肉って牛脂が下に落ちるので、あの近江牛がさっぱりといくらでもぱくぱくと・・・

2015-11-14 12.59.57

2015-11-14 13.15.18

2015-11-14 13.23.40

地元の野菜も美味しかった。

 

いよいよご飯の出番です。

カセットコンロにかけて15分で炊きあがり、その後15分蒸らすだけでOK。

ご飯の炊き上がるプロセスを食卓で楽しめるのがいいですね。シューっと吹き上がるのをひたすら待ちましたよ。

2015-11-14 13.31.58

 

普通の土鍋って、中ぶたが重いんですが、かまど名人には中ぶたがなく、 しかも軽め。

蓋をとって、「わぁ、お米が立ってる」

飯盒炊飯なみの甘さでしたね。ホンマに。
皆さんで記念撮影。場所は古民家を改装した睦庵。ロケーションもナイスでした。

2015-11-14 15.17.56

 

その後、窯元の散策・・・と続くわけです。そりゃあ、何といっても歴史のある信楽焼ですからねえ。

窯元めぐりは興味が尽きない。

という素敵な旅のコースでした。

 

かまど名人の直接のご購入は https://www.facebook.com/shigaraki.hishisan 菱三陶園へ

ツアーのお問い合わせは、まあ、ひとまず、このサイトに、藤井宛にコメントください。

私も、もう一度行きたいです。

睦庵、良かったから。うつわのコーディネートも最高でした。

で、my土鍋でご飯を炊いてみました。ちょっとドキドキしましたが、

2016-01-24 19.48.23

水加減が難しかったなぁ。「手の甲まで」だっけ。

何度か炊いているうちに覚えるのかなあ・・・

2016-01-24 20.02.44

ハイ、それでもご飯が一番美味しかったです。ごちそうさまでした。

関連記事

    • ツツイセツヨ
    • 2016年 1月 25日

    びっくりポンな色と形。土鍋で炊いたご飯はおいしいっていうもんね。
    私も時々おなべでご飯炊きます。炊飯器より早くておいしい。
    色はなぜ赤と金なの?ごはんには黒が合うような気がするけど・・・
    行ってみたいとこが次々と・・・、
    明日は母が同級生の友達と伏見稲荷へ行くそうです。元気に旅行ができて、気の合う友達がいるっていいことだとつくづく思います。
    早起きして送ってあげる予定です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新しい旅のスタイル研究所について
事業の目的と問合せ先
うまいもん手作り旅
花の旅・花の寺
花の寺・花の旅』商標登録概要
皆さんの旅投稿
facebook
2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る