記事の詳細

アオビユ、センダングサ、ノブドウ、グンバイヒルガオなどなど、道端のどこにでも咲いている雑草ですよね。

DSC06667

IMG_0753

これを摘んで美味しく食べようというのが、大阪を拠点に全国で活動している「摘み菜を伝える会」。

私は会長の平谷(ひらや)けいこさんの本を編集させていただいている関係から、時々取材にご一緒します。

FullSizeRender (17)

今回は台北市で行われた「和食イベント」に出かけました。もちろん和食の指導をするのは、和歌山・加太淡島温泉の赤間博斗料理長。「シェフVS主婦 料理バトル」という読売テレビの番組の和食でお馴染みのシェフです。

DSC06692

和食って人気なのですね。当日は60名近くが参加して、お寿司と天ぷらにチャレンジ。

天ぷらの素材に摘み菜を使おうというもの。

DSC06673

 

2015-09-13 23.50.46

先に台湾入りした平谷さんが「これ高尾で摘みました」と、センダングサやグンバイヒルガオを紹介すると、皆さんから「知ってる」とばかりに歓声が。

DSC06680

はい、天ぷらですから、私メもちょいとお手伝いしましたよ。揚げ方のコツとかね。
サクサクっといけましたね。美味しかったですよ。

DSC06711

赤間さんと平谷さんのコラボで、来年4月に雑草を美味しくいただくための、和食レシピ本を出す予定。今回のイベントはそのコラボの一環として、私も駆けつけたわけで・・・。親戚の大学生2名を引き連れて・・・。写真左はひらやさんのお嬢さん。

FullSizeRender (33)

ひらやさんの読み通りでしたね。身近な雑草を天ぷらにして食べるなんて、皆さんにはかなり驚きだったようです。

ちょいと野草を摘んで、今宵のおかずの一品にというのも乙なものですね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新しい旅のスタイル研究所について
事業の目的と問合せ先
うまいもん手作り旅
花の旅・花の寺
花の寺・花の旅』商標登録概要
皆さんの旅投稿
facebook
2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る