記事の詳細

文字通り白いサギが羽を広げて飛んでいるようすから名付けられた花です。

野生種を見かけることは少なく、撮影したのは和菓子屋の店頭の鉢植えです。

 

見とれるほど、姿のきれいな花ですよね。

 

シラサギというと、思い出すのは姫路城です。白壁をめぐらした姿から

別名白鷺城とも呼ばれ、奈良の法隆寺とともに日本の世界文化遺産の一号に登録されています。

 

子供のころ、父が連れって行ってくれた唯一の観光地が姫路城でした。

わたくしには城の美しさより、門の前の茶店で食べたかき氷の味しか記憶にないのですが・・・。

「みぞれ」なんて言葉を覚えたのもこの時でしたねえ。

父は城に興味を持ってほしかったでしょうに・・・。

 

高校生になって、姫路城は毎年正月に天守閣を開放している・・・というニュースを聞いて、

3年間、正月になると友達を誘って、あるいは一人で出かけたものです。

天守に登って、何を夢見ていたのでしょうか。

 

その後、観光の仕事に関わり、今も取材対象としてお世話になっているわけですが、

 

最近城を見たのはいつだったかな。

3年ほど前、ある人の病気お見舞いに行った、その病院の待合室の真ん前に天守閣がそびえていました。

 

私にとっては、格別の城なのかもしれません。白鷺城は。

 

 

 

 

 

 

f:id:shintabi:20120911114652j:image

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新しい旅のスタイル研究所について
事業の目的と問合せ先
うまいもん手作り旅
花の旅・花の寺
花の寺・花の旅』商標登録概要
皆さんの旅投稿
facebook
2019年3月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る