2012年 11月

  • 小さな花旅365 ツワブキ fum 114

    この時期、あちこちで見かけますね。わたくしの暮らす、七里ヶ浜から稲村ガ崎、由比ガ浜へと続く海岸線に沿って、自生のツワブキが黄色い帯を成して咲いています。花の少ないこの時期に、心和む光景です。お寺の庭の石組から顔を出して咲くのも清楚で風情があります。ツヤツヤした葉っぱを持つことか…

  • 小さな花旅375 サフラン fum 113

    見つけた時、思わずめしべを抜きそうになりました。人の家の庭じゃなかったらな~。とはいうものの、サフランライスはもっぱらイタ飯屋でいただくのが常で、自ら料理はしないのですが…。めしべを乾燥させて香辛料や薬用に使いますね。花の間に細い葉っぱがもしゃもしゃと出て、まるで花を守っている…

  • 小さな花旅365 炉開き椿 fum 112

    名前が表す通り、炉開きの11月頃に咲く早咲きの椿です。お茶と椿の自然交配から生まれたそうで、純粋な日本産。小さいけれど、はっきりとしたピンクの花びらが目を引きました。わたくし、この花に初めてお目にかかりました。茶の花に似てますよね。最初はピンクの茶の花かな?と思ったのですが、そ…

  • 小さな花旅365 ウルシ fum 111

    ウルシってこんなにも紅く色づくのですね。塗りの美しさに思いを馳せてしまう見事な紅葉です。山育ちのわたくしは、子どものころ近所の悪ガキたちが、ウルシにかぶれて真っ赤に腫れて、泣きべそかいていたのを覚えています。なぜかわたくしだけはかぶれなかった。その原因がわかりました。ウルシに強…

  • 小さな花旅365 オリーブ fum 110

    ぼちぼち収穫時期ですね。写真のオリーブは実がシワシワして、干しオリーブになりそうですが…。黒い実と青い実があり、両方収穫して、オリーブオイルを絞るときに調合するそうです。オリーブといえば小豆島。オイル開発のころから注目してきましたが、今や日本を代表する産地ですね。先日、知り合い…

  • 小さな花旅365 ドーム菊 fum 109

    今日は久々に七里ヶ浜のフリーマーケットを覗いてみました。毎月開催されているのですが、なかなかチャンスがなかったもので…。盛況でしたよ。小さな壼を100円で買いました。中国茶を入れようかな?ついでに長谷寺まで足を延ばしました。ライトアップの準備は万全ですが、肝心の紅葉はまだ先、あ…

  • 小さな花旅365 ハツユキカズラ fum 108

    名前のように、うっすらと雪がかぶったような錯覚におちいる観葉植物です。テイカカズラの園芸種ですが、ホワイトベースの葉っぱに、まだらに入ったふ模様が表情たっぷりで、小さな花壇でけっこう目だってました。ようやく雨が上がりましたね。鎌倉は観光客であふれ、江ノ電が定刻通り動かない連休で…

  • 小さな花旅365 アツバキミガヨラン fum 107

    花壇でよくみかけますが、意外と名前を覚えていない花とでもいいましょうか。 アツバキミガヨラン――葉っぱが肉厚で先っぽに刺があり、また花丈も1メートルを超えるので近寄ってじっくり観察する機会もなかったのですが・・・。 キミガヨなんて名前…

  • 小さな花旅365 パイナップルセージ fum 106

    セージの仲間は沢山あるので、一つひとつ名前を覚えるのは苦手です。このパイナップルセージだけは、真っ赤な花なのに、パイナップルの名前がついているので覚えましたよ。葉っぱにパイナップルのような甘やかな香りがただよい、名前の由来になっています。最初に見たのは、京都大原に住むベニシアさ…

  • 小さな花旅365 アンデスの乙女 fum 105

    ようやく江ノ電に暖房が入りました\(^o^)/終電近くになると乗客も少なくなり、車内はヒエヒエだったのです。今日は珍しい花です。原産地はブラジルなのに、なぜか名前はアンデスの乙女。まあ、南米には変わりないですが。乙女というより、濃いヤマブキ色や花のつき加減から、熟女ぽい印象がし…

新しい旅のスタイル研究所について
事業の目的と問合せ先
うまいもん手作り旅
花の旅・花の寺
花の寺・花の旅』商標登録概要
皆さんの旅投稿
facebook
2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る