2012年 10月

  • 小さな花旅365 ハマギク fum 83

    おはようございます。台北は曇り。気温は25度。といっても日本のように湿気がないのでさわやかです。今回の旅は、格安ツアー、そうホテルがついて3泊4日で31000円、むろん燃料サーチャー込み空港税3000円というちょっとわたくしには冒険のツアーなのですが、近頃は旅費を安くして現地で…

  • 小さな花旅365 ベラドンナリリー fum 81

    ユリの季節は過ぎたのに…と思っていたら、先日、京急天空橋駅のそばにある小さな花壇で見つけました。リリーとは付いていますが、別名ホンアマリリス。アマリリスなら今咲いていてもおかしくないかな?夏に球根を植えて、10月まで楽しめる花で、鮮やかなピンクが、目を引きました。もう10月も終…

  • 小さな花旅365 ダリア fum80

    別名テンジクボタン。写真は濃いピンクですが、アレンジメントでは、黒鳥と呼ばれる黒いダリアが、人気です。真っ黒ではなくて、濃いワインカラーかな?花束にすると葉物の緑色と合うんですよね。 …

  • 小さな花旅365 オナモミ fum 79

    オナモミよりひっつき虫の方が馴染みかな?種の先が鉤になっていて触っても栗のイガのような痛みがないので、手のひらにめいっぱい摘んで友だちに投げまくり(^_-)-☆悪ガキってやつですね。でもしっかり仕返しされました。今ならイジメになるのでしょうが、わたくしの子どもの頃は、世の中も大…

  • 小さな花旅365 アキノノゲシ fum 78

    鎌倉極楽寺近くのカフェの店先に、スラリと花丈を伸ばして咲いていました。田んぼのあぜ道などでしばし見かけますが、町なかで見たのは初めて。それも、ちびっこのわたくしの背丈を超え、ちょっぴり背のびしてパチリ。2メートル近くに伸びるそうです。秋に花を付けるから、名前にアキノが付きます。…

  • 小さな花旅365 ヒメツルソバ fum 77

    一面にピンクの絨毯を敷きつめた光景に出会ったのは、鎌倉五山の一つ、建長寺の境内の奥まった場所でした。驚いて近寄ると、このヒメツルソバがびっしり。ツメクサのミニバージョンのような花で、あちこちで野生化しているのを見かけます。 …

  • 小さな花旅365 ダスティーミラー fum76

    シロタエギクの名前の方がポピュラーですよね。でも、アレンジメント教室で、「濁った鏡」と教えてもらって以来、ダスティミラーの名で呼んでいます。フェルトのような素材にはダスティ=濁るという表現がしっくり馴染みます。葉っぱに存在感がありますから、小さな花束やあしらいに重宝します。花を…

  • 小さな花旅365 シュウカイドウ fum 75

    今年はもう出会えないかなぁとあきらめていたのですが、昨日、大仏切り通しの閑静な住宅街で見つけました。漢字で秋海棠と書き、秋に咲く海棠です。京都大原の寂光院といえば、平家物語に登場する建礼門院時子が、晩年を過ごした尼寺。本堂へと続く回廊に沿って、秋海棠が咲いて、隠棲の地ながらも、…

  • 小さな花旅365 ポンポンマム fum 74

    秋晴れの爽やかな一日です~。今日はみっちゃんファミリーと、健康保健組合主催の鎌倉ウオーキングに参加して、長谷寺から大仏切り通しを歩き、極楽寺へ。およそ3時間のコースですが、気温が25度もあり、暑かったので、けっこうきついウオーキングになりました。途中で出会ったのがポンポンマムこ…

  • 小さな花旅365 イリオモテアサガオ fum 73

    まだまだ勢いがあって、あちこちで咲いていますね。オーシャンブルー、琉球朝顔とも呼ばれています。濃すぎるくらいのブルーが、秋風の中で力強いですよね。種ができず、根を張って延びるそうで、あちこちで野生化しているのを見かけますね。写真は東海道草津宿近くで撮影しました。本陣が往時のまま…

新しい旅のスタイル研究所について
事業の目的と問合せ先
うまいもん手作り旅
花の旅・花の寺
花の寺・花の旅』商標登録概要
皆さんの旅投稿
facebook
2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る