2012年 8月

  • 小さな花旅 365 ヤブミョウガ fum 24

    またまた都心で見つけた、珍しい花です。新橋から虎ノ門に向かって歩いていた時、街路樹の下に、見かけない花が。お弁当の仕切りに使うバランに似た葉っぱに見覚えがあったので、調べてみたらヤブミョウガ。ミョウガの仲間だったのですね。ここだけで咲いていたので、きっと近所の食べ物屋さんが、植…

  • 小さな花旅 365 フヨウ fum 23

    優雅な花姿ですね。ボタンやシャクヤクほど目立つ花じゃないけど、そこはかとなく気品というか、風格が漂う花です。残暑にもめげず、太陽に向かって、朝開いて夕方しぼむ一日花。ヒグラシの声としぼみはじめたフヨウ。晩夏の田舎の夕暮れの、ちょっと懐かしい光景です。保育園に通っていた頃、ふよ…

  • 小さな花旅 365 タカサゴユリ fum 22

    ユリはユリでも葉っぱが笹のように尖り、花もカサブランカやテッポウユリに比べて、全開せずにラッパのように開きます。 野原や高速道路の土手で見かけ、関東では今が最盛期です。名前のタカサゴは、兵庫県の高砂から来ているのかと思ったら、台湾由来の花だそう。となると、台湾の高砂族に関係して…

  • 小さな花旅 365 ツクバネウツギ fum 21

    別名のアベリアの方が、馴染みかも。庭の生け垣などに多い花です。真夏に白い小花を次々と咲かせます。枯れると茶色になるので、花の白さより茶が目立ちます。20年以上住んでいる大阪のマンションの生け垣がアベリア。この時期、めいっぱい咲いて、ミツバチを呼びます。剪定が行き届いているのでし…

  • 小さな花旅 365 カンナ fum. 20

    ポピュラーな花ですから、説明するまでもないのですが,江戸は元禄のころに鹿児島に伝わったとか。一昨年の冬に海辺の町に引っ越してから、海岸べりや私鉄の線路脇で見かけます。塩害に強い花なのでしょうか。この花にはちょっと思い出があります。今からかなり前の話になりますが、四国の室戸岬を旅…

  • 花の旅 京都 京都御苑 九條池のサルスベリ ふじい

    夏の京都は暑いだけや~。祇園さん(祇園祭)が終わって、大文字の送り火まで人気がのうなる(なくなる)ほど暑いで~。 京都在住の写真家、土村清治さんにさんざん脅されながらも、夏の花を求めて京都御苑へ。  お目当ては、御苑南部の堺町御門の近く、旧摂関家の…

  • 小さな花旅 365 ノウゼンカツラ fum 19

    残暑が厳しいですね。 ゆく夏を惜しむか、来る秋を待ち焦がれるか。 今日は夏の入道雲に似合う、オレンジの鮮やかな花を紹介しましょう。ノウゼンカツラといい、ツル性なので、太陽に向かってどんどん伸びていきます。 関西の人なら、愛染さんのシンボルの花として…

  • 小さな花旅 365 ハイビスカス fum17

    夏の定番の花ですね。これをアップしたのは咲いていた場所がちょっと・・・。昨日、大阪淀川区で消防車50台が出動する火災がありました。友人のとびちゃんやフーさん達と飲んでいて、話題なうのサイトで淀川区の火災のことを見ていたら、オットットから、近所のマンションが燃えてるとメールが。で…

  • 小さな花旅 365 ランタナ fum 16

    小花が集まって一個の花になります。咲きはじめが白っつぽい黄色、オレンジ、ピンクと花の色が変化するので、七変化とも呼ばれます。この花の名前を覚えたのは、私が25歳のころ。絶対に当たらないと言われた公団住宅の抽選に一回で当たり、その部屋には小さいながらもベランダがあって、初めて買っ…

  • 小さな花旅 365  サルスベリ fum 15

    サルスベリって変な名前ですよね。何でも木肌がすべすべして、猿が木から落っこちてしまうから猿も滑る――ということで、サルスベリになったとか。 花は、木肌とちがって小さな花の先がくしゃくしゃっとフリルのように縮れています。これがかわいいですよね。色…

新しい旅のスタイル研究所について
事業の目的と問合せ先
うまいもん手作り旅
花の旅・花の寺
花の寺・花の旅』商標登録概要
皆さんの旅投稿
facebook
2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る